四千年の歴史【推拿マッサージ】とは?

四千年の歴史【推拿マッサージ】とは?

四千年の歴史【推拿マッサージ】とは?

マッサージは人の手で押し揉みを行い、筋肉をほぐすことで自律神経の調子が整い、冷え性むくみ不眠胃痛頭痛などストレスから起こりうる症状の改善に役立ちます。そのように自律神経の調子を整えるものとして、骨や関節にアプローチし、気になる症状の緩和を目指す整体があります。

推拿(すいな)は、日本では中国整体とも呼ばれ、整体やマッサージと同じような施術と考えられていますが、実際には異なるものです。

推拿(すいな)とは

推拿は手を一方向に推し進めることを推、その手で掴みあげることを拿と呼ぶことが語源となっている施術です。体質や不調に合わせて、経路と呼ばれるエネルギーの通り道を刺激することで、気の流れを通りやすくし、新陳代謝や血液循環の促進を促し、人間が本来持っている自然治癒力を向上させ、全身のバランスを整える目的があります。

推拿(すいな)は四千年の歴史がある中国で生まれた

推拿(すいな)は四千年の歴史がある中国で生まれた

推拿の歴史は中国でも数千年以上前と古く、以前は按摩と呼ばれていました。今でも日本には按摩という手技がありますが、それは隋、唐の時代に日本へ伝わり、推拿をルーツとして独自に発展していったもので、推拿とは異なるものです。按摩が推拿と呼ばれるようになったのは明の時代で、中国では国を挙げて推拿の技術が発展していきました。

推拿は中医学における臓腑学説、経絡学説、気血津液学説などをもとに、現代医学の諸原理(神経・代謝・循環・消化・呼吸・泌尿・運動など)も同時に用いた技術である。体に与える刺激を応用し、経絡・ツボあるいは神経筋肉の組織に作用させ、各臓腑・器官・組織のバランスを整え、不調を取り除くことを目的としている。

推拿(すいな)で心も身体もリラックス

日本での知名度は高くはないですが、リラクゼーションサロンなどでも推拿の施術が行われるようになりました。推拿は、マッサージや整体のような指圧ですが、体質や季節の変化などに合わせて不調の原因を内側から見極め、一人一人に合った施術に組み立てていきます。そのため日々の疲れを根本から癒すことができます。また、サロンによってはアロマなどを組み合わせることによって、より高いリラックス効果が期待できます。色々なことがストレスの原因となる現代だからこそ、推拿の施術を受けてストレスを溜めないようにしましょう。

島根県江津市・出雲市、広島市中区に店舗を構える楽土では、時間・内容など一人ひとりに合わせた、オーダーメイド施術を行っております。推拿(すいな)だけでなく、心と身体のバランスを整えてくれる中医アロマをコースに組み合わせることも可能です。リラックスしたい方はぜひご来店ください。